巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune27

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.11.20

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

                二十七

 男爵の言葉に応じ、小部石(コブストン)大佐も一方を振り返えると、成程次の部屋から運歩徐々(そろそろ)として歩み来る夫人がある。その姿は瀟洒(しょうしゃ)《飾り気がなく、すっきりしてあか抜けしている様子》な水色絹の長衣を軽く着流し、頭に唯だ折り立ての大きな薔薇の花一輪を挿しただけで、外に飾り気と言っては何も無い。これは勿論人の目を奪う様な身なりでは無い。

 通例の婦人に取っては、味も趣も無い拵(こしら)えであるが、新夫人の優れているのは、着飾の為にあるのでは無い。天然の姿に在るのだ。その飾り気の少いだけ、益々天然の美しさを露出(むきだ)して、気位(きぐらい)の益々高いことを現すばかり。

今も今、
 「醜婦ならば許しもしよう、美人ならば許し難い。」
と叫んだ小部石大佐も、この美しい姿を見ては、優れた趣が爽やかに通って来るのを覚え、憎もうとしても憎むことが出来ず、賤しもうと欲しても賤しむことが出来なかった。岩よりも堅いかと疑われる両の頬は、自ずから弛んで動き始め、恭々(うやうや)しい笑みとなり、その身は知らず知らず立ち上って、尊敬の意を表すまでに至った。

 男爵は是(ここ)に於いて、然るべく両人を紹介(ひきあわ)せると、新夫人は喜ばしそうに、
 「兼ねて良人(おっと)から老友、老友と言って、屡々(しばしば)お噂を伺いました。初めてお目に掛りまして、久しいお昵(なじ)みの様な気が致します。」
と云う言葉は、有りふれた挨拶ではあるが、其の言い方は、百万の臣下に慈愛を分かつ、女王の言葉かと思われるほど柔らかで、とりわけ、その狎(な)れず高ぶらない有様は、全く老武人の頑(かた)い心を融和(ときやわ)らげた者と見え、大佐は纏(まと)まった返事すら発することが出来なかった。

 「イヤ、私こそ。」
と迄は口に出したものの、その後は何を云ったのか、自分ながら分らなかった。
 この様な折りしも、次の部屋に又一客が現れたので、夫人は、
 「何れ緩々(ゆるゆる)お話を伺いましょう。」
などと言って、その方に立ち去った後に、男爵は大佐の心が、大いに柔らいだのを見たので、非常に笑ましそうに、
 「何うだ老友」
とその返事を促すと、大佐は手の掌(ひら)で我が前額を砕ける程に打ち叩きながら、

 「何う云う者だろう。己(おれ)は全然口が利けなかった。何うも不思議だよ。」
と云い、更に又、
 「イヤ、お前が婚礼したのも、無理は無い。アノ婦人なら、顔は美し過ぎるほど美しいが、外の美人の様な悪心は持って居ない。フム、己(おれ)が受け合う。醜府でもアレほどの善い心は持って居ない。己(おれ)はこの年になって初めて心と姿と揃った、本当の美人を見たよ。」
と褒めて止まない。

 人に諂(へつら)う事を知らない老武人が、ここまで感心するのは実に容易な事では無い。男爵は千人、万人の褒め言葉よりももっと有難く思って、
 「お前は本当に己(おれ)の知己だ。」
と云い、堅く大佐の手を取って握りしめた。

 ここに又、この屋敷の広い庭に向った一室の小窓に凭(もた)れ、密々(ヒソヒソ)語らっている二人の客がある。これこそ男爵の甥永谷礼吉とその友皮林育堂である。永谷は殆どこの世に嫌気がさしたと云う様子で、
 「皮林君、君は才子は才子だけれど、僕はもうホトホト厭に成ったよ。君が何うして呉れるのだか、一向に分らん。」

 皮林は意見する様な調子で、
 「君の様に気が短くては、世に立って大事は出来ない。宛(まる)で小児の様じゃ無いか。僕が何れほど君の為に働いて居るか、好く考えて見るが好い。今から一月前には、君はとても伯父の家へ、出入りの叶う事では無いと絶望して居た者が、今はこの通り伯父の家で逗留する事に成った。是れは誰の智慧だ。

 又僕が男爵からこの通り客分として迎えられる様に成ろうとは、君は思いも寄らなかっただろう。けれども僕の言った通り、僕は公然とここへ入り込み、男爵にも新夫人にも自由に近づく事の出来る身と為った。是を偶然だと思うのか。決して偶然ではないよ。僕の智慧と尽力とに依る事だ。この通り僕の仕事は着々進んで居るじゃないか。更に是だけでは無い。既に僕の言葉で充分に男爵の心を動かして有る。」

 永「何う動かして。」
 皮「知れた事サ。君を一旦勘当したのは、余り邪険に過ぎたか知らんト、徐々(そろそろ)後悔を始める様に、こう動かして有るのサ。君は何も心配する事は無い。一切僕に打ち任せて、唯時節を待ちたまえ。」
 永谷は初めてやや飲込んだ様に、
 「ウム、君がそう云うなら、君に打ち任せて置く外に仕方が無いけれども、君のこの後の工夫は何う云う工夫だ。」
 皮「君に説き聞かせても分らないから、黙って打ち任せて置き給えと云う事サ。」
と云いつつ、皮林は庭の彼方を打ち見やり、

 「先ア永谷君、彼所(あすこ)を散歩している三人の様子を見給え。」
と取っても付かない事を云うので、永谷は何事かと眼を転ずると、遥か彼方に、伯父男爵が新夫人の手を引き、小部石大佐と三人で、非常に面白そうに、何事をか語らいながら、漫歩する姿である。

 「エ、あれが何うした。」
 皮「何うもしないが、ナント幸いな夫婦じゃないか。ソレ夫人が何か老武人に話をすれば、君の伯父が面白そうに首を傾け、感心して妻の顔を覗き込んで居るワ。」
 永「君は詰まらない事を云う。」
 皮「詰まらない事でも、先ア、あの夫婦の睦まじくて互いに幸福そうな有様を好く見て置き給え。是はもう当分の事で、この後幾度も見る事は出来ないからサ。」

 永「エ、何だと、僕には君の云う事が少しも分らない。」
 皮「エエ、君も覚りが悪い。見給え、今から幾週と経たない中に、アノ立派な新夫人が修羅の底へ落ち込んで、名誉も無く、地位も無く、世間へ顔向けさえも出来ない浅ましい身と為って、君の伯父も又、心底から愛想を尽かし、この様な者を何だって妻にしたかと後悔に後悔を重ね、又と楽しい月日を見る事が出来ない様になるからサ。その時になれば、男爵の眼へは、アノ夫人よりも君の方が未だしも頼もしいと見えるから、煩悶(はんもん)《悩み苦しみ》懊悩(おうのう)《心の奥で悩むこと》した余りに、必ず遺言状を書き替えて、夫人に贈る可き財産を、悉(ことごと)く君に贈る様に成って来るのサ。」
と云った。

 これは一時の空想か、将(は)た又男爵夫人の後々に適中する、恐ろしい予言になるのか。
 抑(そもそ)もまたこれは、皮林育堂の陰謀であるのか。
 自ずから分り来る時迄は、何れとも判ずる方法は無い。


次(二十八)へ



a:222 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花