巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune31

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.11.24

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

             三十一

 「本当にネエ」
と云う小浪嬢の異様な言葉に男爵は益々燥立(いらだ)ち、嬢が且つ怪しみ且つ悔いる様にその顔を背けるのにも構わず、更に又詰め寄せて言葉鋭く、
 「貴女は何だか私の言葉を怪しむ様に見えますが、何をその様に怪しみ成されます。私の妻と皮林育堂氏とは、兄妹でも従兄弟でも無いのが、何が怪しいのです。」
と問い詰めると、小浪嬢は前から新夫人を傷附けようとする我が目的が、愈々旨く行くのを見て、心密に喜びこそすれ、少しも気の毒とは思って居ないが、巧みに後悔の色を装い、地にも入りたい程の様を見せて、

 「先(ま)ア、如何したら好う御座いましょう。この様な粗相ばかり申し上げて、どうぞ御免なさって下さい。イエ、ネ、幼い時からの長いお友達は、如何(どう)かすると従兄弟か兄妹の様に見えますよ。その親しみ合う様子は如何しても親類の様ですもの。」

 アア是を聞き捨てに出来るだろうか。初めは親類と云い、言い直して従兄弟と云い、更に咎められて兄妹と云い、今は又その過ちを謝しながら、幼友達と言う。若しこの相手が男子だったなら、男爵は血走った眼で、即座に決闘をも申し込み兼ねなかっただろう。唯繊弱(かよわ)い一婦人で、而も我が家に招かれて来た珍客の一人である。男爵は殆ど手甲摺(てこず)る想いで、

 「貴女は、失言に失言をお重ねなさる。妻園枝と皮林育堂氏とは幼友達で無いのは勿論、少しの行き来も無い人です。妻も私もアノ方に何の縁故も有りません。唯だアノ方が音楽に妙を得て、妻と合奏の相手に成って居る丈です。妻も私もアノ方に逢ってから未だ二週間とは経ちません。」
と今は少しの思い違いさえ出来ない様に、事細かに言い切ると、小浪嬢は再び、

 「オヤ、本当にネエ。」
と叫ぶ。
 この度は何となく呆れる様な口調を帯、又男爵を愚弄するかとも疑われるこの一語、実に男爵の気に障ることは並大抵では無い。
 嬢は更に我が語を補い、
 「ホンに私は久しいお友達同士だと思いました。尤も夫人は伊国の方で、そうですね、伊国の婦人は私共の様な寒国の生まれと違い、万事に遠慮が少なくて、極打解け易いとか云いますから、それでアノ様に親しく見えるのでしょう。」
と結んだ。

 是でさえも少しも有難い弁解では無い。男爵は胸に有耶無耶(うやむや)と霧立ち込めた心地で、我が不愉快を払い尽くす方法が無く、言い返したいことは、数多あるが、この言葉を聞き、ドレ我が妻は、何れ程皮林育堂と親しいのだろうと、我知らずその方を見ると、今しも両人は第一曲を奏し終わって、皮林はピアノの台に向った儘(まま)に控え、園枝は既に自分の席に帰り座し、全く皮林と離れて有るが、今や人々の第二曲の所望に迫られ、又立って皮林の傍に行こうとする様子である。

 男爵はそうと見て、左右の思案を廻らす暇なく、遽(あわただ)しく立って、突々(つかつか)と園枝の傍に馳せ到り、今まで園枝に向って発した事も無い程の断固たる口調で、
 「今夜は最うお歌いで無い。」
と命じ、命じ終わって初めて、我が言葉が、余りに穏やかでは無かったことに心付き、

 「この上歌っては疲れるから。」
と云い足した。アアこの様に補ったからと言って、折角の客の所望に、是から音楽台に上ろうとする者を、突然に差し留めるのは勿論紳士の作法として、有るまじき所にして、妻に対しても、又客に対しても不躾(ぶしつけ)の所業(しわざ)であるが、園枝はそれとも気附かないのか、笑顔で男爵に振り向いて、

 「ナニ、是れ位では未だ疲れません。皆様の御所望なら、もう一曲歌いましょう。皮林さんさえお疲れでなければ。」
と云った。連弾の相手である皮林の疲れを察して、この様に云うのは、主人たる園枝の身に取って、極めて当然の会釈で、男爵も之を知らない訳では無いが、何故か今夜に限り、園枝が特に皮林を庇(かば)うかの様な心地がせらる。

 皮林はそうと聞き、
 「イヤ、私は夫人のお伴で弾くならば、徹夜でも厭(いと)いません。」
 是も紋切りの挨拶だが、男爵は再び断固として、
 「イヤ皮林さんが爾(そ)う仰って下さるは有り難いが、園枝、和女(そなた)はもう歌わない方が好い、毎夜この様に歌っては疲れるよ。疲れるよ。」

 言葉は親切な言葉であるが、その言い方は日頃の親切とは全く変わっていた。とりわけ、聞けば聞くだけ益々其の後を聞きたくなる絶美絶妙なる歌に対し、更に後を勧(すす)めることこそ、その情である。多年音楽に苦しんで二曲や三曲には疲れないと充分に知りながら、この様に停(とど)めるのは、汝の歌は面白くないと云う様にも聞こえる。

 園枝はこの様な所までは気を廻さず、穏やかに席に復し、唯何気ない体で楽譜の表紙を眺めていたが、幾分か心の興を折り挫(くじ)かれた事は明白である。日頃ならば、男爵は必ずその傍に寄り、たとえ妻の心に、不興の気合無しとしても、何とか言って労(いた)わるべき所なのに、男爵は忌々しい気がせられ、妻の傍にも寄ろうともしなかった。

 この様に差し止めて、妻にも皮林にも、手持ち無沙汰の想いをさせて、自分はその儘(まま)退いたが、殆ど神経の惑乱した者とも言うべきか、胸のうちは掻き乱れて、静かに前後を考える事も出来なかった。この部屋に居るのさえも、心地好くなく思うので、窓から外に抜け出で、庭から来る冷ややかな風に顔を曝(さら)したが、心はまだ鎮まらず、行きつ戻りつ縁側を三、四度びも歩む折りしも、窓の中から洩れ聞こえるのは、又彼の小浪嬢の話声である。

 誰に向って云って居るのかは知らないが、確かに園枝と皮林の噂である。
 「ネエ、貴方、この儘(まま)に捨てて置いては、何の様な仲になるかも知れません。気の附かない男爵がお気の毒ですよ。私は多分親類か幼馴染で、それでアノ様に親しいのだらうと思いましたが、聞けばタッた二週間前からの知り合いだと云いますよ。それにしては余り慣々し過ぎるじゃ有りませんか。最も夫人は素性も知れない無教育の女ですから、貴夫人の心掛けだの、操だのと云う事を知らないのも当然ですが。男もヅーヅし過ぎますよ。」

 アア何と云う毒語だろう。是れ実か、是れ虚か。男爵は深く考えて見る余裕は無い。唯だ我が胸に毒矢を射込まれた心地がするのみ。


次(三十二)へ



a:245 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花