巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune38

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.12. 1

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

                三十八

 皮林育堂が、新夫人園枝の馬車に相乗りしたのは、非常に怪しい事だけれど、是れは勿論、園枝が招いたものでは無い。園枝を憎み男爵を嫉(ねた)んでいる、彼の倉濱小浪嬢が、益々園枝と男爵の中を割こうとしてした事だ。嬢は自分が日頃目指している、金満の息子を引き入れると、更に馬車の外に目を配り、群れ集う紳士の中に皮林の居るのを見て、猶予も無く呼び掛けて、

 「オヤ、皮林さん、貴方はこの辺の道案内や名所古跡に詳しいから、サア、茲(ここ)へ相乗りして、道々新夫人と私に説き聞かせて下さいな。」
と云った。皮林は前からこの様な事があるだろうと、小浪嬢の心を見破り、嬢にはそれと悟らせずに、嬢を自分の意の儘(まま)に、道具として使えると思い、茲(ここ)に及んでは、何の遠慮も無く、
 「では御免蒙ります。」
と群集を押し分け、この馬車に乗り、今日こそは日頃の企計(たくらみ)を益々熟せさせる折りと思い、殊更男爵を疑わせる様に振舞っているのだ。

 男爵はそうとは知らず、皮林の打解けた様子を見て、全く新夫人と、前からの約束がある為に、この様に相乗りした者と思い、嫉(ねた)ましさ悔しさに鞍壷を握り締め、己れ、不届き者め等、引き摺り降ろして、辛い目を見せ呉れようかと、心の中で焦り立ったが、客の手前、世間の手前、固(もと)より、その様な振る舞いが出来るはずも無い。

 仕方が無く、馬に乗り遥かに新夫人の馬車の後から、様子を睨み乍ら従って行くが、馬車の中の人はそうとは知らない。
 小浪嬢は、只管(ひたすら)彼の金満の年少紳士を、擒(とりこ)にしようと、秘術を尽くして笑い興じ、傍らなどは振りも向かないので、同じ馬車に乗り乍(ながら)も、皮林と新夫人は全く唯両個(ふたり)の差し向かいも同様で、傍(わき)から妨げられる恐れも無く、何事をか語り合い、時としては、皮林が殆ど許し難いまでに、その顔を新夫人の顔に差し付けて、細語(ささやき)する様子さえ見えた。

 男爵の邸(やしき)から、彼の遊山の場所である「迷いの壷」までは、三、四里の道のりで、二時間余を費やして、茲(ここ)に着いたが、見渡すと、早や前夜から世話人が用意した者と見え、其所此所(そこここ)に大小の天幕(テント)を張り、休み場があり、食事場があった。
 凡そ一里四方に渡り、或いは林を隔て、或いは流れを差し挟んで、八門の陣を敷いた様に、快楽(けらく)の用意を列ねて有った。

 園枝はその初めの所で馬車を降り、良人(おっと)男爵は如何(どう)しただろうと見回すと、男爵も同じく馬から降りて、馬丁(べっとう)にその馬を引き渡す所だったので、最早や必ず我が傍に来て、我が手を取り、何れかに連れて行って呉れるだろうと、男爵の方に向いて待つが、男爵は全く園枝が、心の変わり果てた者と見て、傍に寄るのさえ、忌まわしいと云う様に、直ぐに一方に馳せて行って、某貴族の老婦人に向い、

 「オオ、夫人、貴女と此処(ここ)の土を踏むのは、もう十四、五年目です。サア若い人同士楽しませて、貴女のお手は、私が引いて上げましょう。」
と云い、その老貴夫人を扶(たす)けて、彼方を指して去ろうとする。
 園枝はこれ程余所余所しく遇(あつか)われるのに耐えられず、

 「貴方、私も連れて行って下さい。」
と将に泣き縋(すが)る声を発し、良人(おっと)の傍に馳せ寄ろうとすると、男爵は燃える火をも消し止めるほどの、非常に冷淡な眼で、園枝を尻目に睨んだまま立ち去ってしまったので、唇まで出て来ていた園枝の言葉は、その儘(まま)絶望の溜息となって止んだ。
 アア、私は如何(どう)して良人(おっと)に、これ程までも冷遇せられるのだろうと、悲しくも有り、恨めしくも有り、その儘(まま)撞(どう)と倒れようとする有様を、早くも彼の皮林が見て取って、

 「サア、夫人、私が御案内致しましょう。」
と手を取った。
 園枝は茲(ここ)に至って、それが皮林であるか、将(は)たまた、他の紳士であるのかを、見分けることも出来なくなり、唯だよろめく自分を支え起こす杖と思い、其の手にひしと縋(すが)り附くと、遥かに離れた男爵は、嫉妬の本性油断無く、彼方からこの様子をも見て取った。

 人々は非常に楽しそうに木の間、草の上に様々の遊戯を催し、興に入って動揺(どよ)めき渡ったが、園枝独りは、男爵に疎(うと)まれる悲しさに、胸欝(むねふさ)がり、興も遊びも心に移らない。此方彼方の人々を、好い様に遇(あしら)いながら、今までの事を一々に考えて見るに、

 「良人に愛想を尽かされる様な過ちが、自分に有るとも思われず、過ちも無いのに疎(うと)むとは、さては、さては、この身の素性が非常に賎しいのを思い出し、婚礼した事を後悔しているのだろうか。初めは唯だ愛と慈悲とに引かされて、前後の考えも無く妻とはしたものの、多勢の客の中には、新夫人の身分はと聞く人も有る。謗(そし)る人も有る。

 それや是れやで夢が覚めた様に、急に昔の見る影も無い私の境涯などを考え合せ、私が辞退もせずに男爵の意に従った事を、身の程を知らない憎い女と、今は憎んでいるのだろうか。私は栄華に未練は無い。爾(そう)ならば爾(そう)だと、唯だ一言聞かされたならば、恨みもせず、嘆きもせず、綺麗に夫婦の縁を切り、立ち去る者を。少しの間でも、身を救われた大恩を思い、世の人の知らない所に、男爵の幸福を祈って世を終る者を、アア、良人(おっと)の愛を失って、この様なしうちを受けるより、街頭に餓え凍えた昔の境遇のほうが安楽である。」

などと、様々に思い廻らし、何時間過しただろう。又何人が何を為したのか総て知らず、夢の様に其所此所を彷徨(さまよ)っていた。
 折りしも忽ち耳を劈(つんざ)いて、聞こえて来る鐘の音に、早や食事の時刻と為ったのに気が付いて驚き、主婦(あるじ)の役目は捨てて置かれず、食事場と定めた大天幕(テント)の中に急いで行くと、良人男爵は愈々余所余所しい顔色で、客と共に一方に控えて居り、自分の傍らには園枝の近付くべき席も残して居ない。

 園枝は仕方なく、此方の一隅に座し、何事も無く食事を済ましたが、ややあって最早や婦人連一同に、茲(ここ)を立つべき合図を示す頃と思い、その席から立ちながら、男爵の方を見ると、不思議や男爵は何時の間に立ったのか、今まで座って居た所に、その姿が見えなかった。何か尋常(ただ)ならぬ訳が無ければ、男爵がこの様に一人で立ち去る筈は無いと、園枝は非常に怪しんで、先ずその胸を躍らせたが、是れは実に恐ろしい大悲劇の初めであった。



次(三十九)へ



a:220 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花