巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune40

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.12. 3

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

                 四十

 男爵の大怪我の知らせに、園枝は実に半狂乱の姿で、足もよろめく程になり、
 「馬車を、馬車を。」
と云い乍(なが)ら皮林の手に縋(すが)り付いた。この時背(うしろ)の方七、八間(13.4m)を隔てた草叢の中から、此方(こちら)を睨(にら)んでいる輝いた眼あった。

 園枝も皮林も気付く事が出来なかったが、是れこそ彼の小浪嬢で、嬢は園枝の姿が、先刻から見えないのを怪しみ、日頃の端下ない心から、何事かと怪しんで尋ねながら、茲(ここ)に来たものだ。来て見るとこの有様で、園枝と皮林と双方ともに、非常に心が騒いでいる様子で、熱心に打ち語らうばかりか、おまけに園枝が皮林の手に縋(すが)るのをさえ見たので、二人の言葉はやや遠過ぎて少しも聞こえなかったが、必定不義の話とばかり思い、腹の中で、

 「本当に思った通りだ。イヤ思ったよりもっと非道(ひど)い不義者だ。二人は男爵の目を掠(かす)めてヒソヒソと話しをして居る。アア、是で愈々噂の種が出来た。」
などと呟(つぶ)やいた。
 園枝は四辺(あたり)に目を配る様な緩々(ゆるゆる)した場合では無い。更に皮林を急(せ)きたてて、

 「サア、皮林さん、早く私の馬車を呼んで下さい。何を貴方はその様にお考え成さるのです。」
云っても皮林はまだ深く考え、
 「イヤ、夫人、この様な時には充分に落ち着いて、良く考えた上で事をするのが肝腎です。若し下僕にこの事を知らせ、急に貴方の馬車を呼べば、客の人達も転倒するほど驚いて、茲(ここ)へ馳せ附け、ソレ男爵が大怪我だと口々に言い伝え、日頃男爵を尊敬するその真心を見せるのは今だと、我も我もとヤルボー塔を指して駆け付け、とても防ぎ様が有りません。

 私は外科医者と云う職業の上から申しますが、爾(そ)う成っては、男爵を治療する見込みは付きません。この様な大怪我は成るたけ静かにして、少しも当人の心を騒がせない様にして治療するのが肝腎です。今の食事で、ホロ酔いに酔って居る人達が、我先にと駆け付けては、それだけで助かる怪我人をも、殺して仕舞います。夫人、斯(こ)う云う訳ですから、貴女は何気無い顔をして、客に少しも悟らせない様、客と供に茲(ここ)で待っていて下さい。」

 園枝は殆ど腹立たしそうに、
 「良人の怪我と聞き、何うして妻が何気無い顔が出来ましょう。又自分で行って介抱せずに居られましょうか。皮林さん、それでは客には少しも知らさず、私は茲(ここ)から抜け出して行きます。ハイ、私唯一人行きます。妻の介抱さえも受けずに、古塔の中で大怪我に悩んで居る良人の心は、何の様で有りましょう。サア、誰にも知らさず私を連れて行って下さいまし。」

 勿論貞女の心は、この様で無くてはならないものだ。皮林は漸く決心し、
 「それでは誰にも知らさずに連れて行って上げましょう。私は直ぐに駆け付ける積もりで、既に極々軽い小形の馬車と極早い馬を雇い、茲(ここ)から一町(109m)ほど離れたアノ松林の蔭に待たせて有ります。余り早過ぎて山路は少し危険かも知れませんが、貴女はそれに乗る勇気が有りますか。」

 園「有ります。有ります。途中で何の様な怪我しても構いません。早く良人の傍に着きさえすれば。」
 皮「では貴女がその馬車に乗れば、私は御者台へ登り、自分で御者をして急がせます。サア、参りましょう。」
と云った。
 園枝は良人を思う一心で、この様な場合にも、良人(おっと)を何時までも古塔の中に寝かせて置くべきではないと思い続け、成る丈け早く、屋敷へ連れて行く事に運び度いと願うため、又皮林に打ち向い、

 「それにしても良人を古塔から屋敷へ移すには、アノ二頭立ての馬車が要るかも知れません。貴方は何うか密(こっそり)と下僕を呼び、後から誰にも知られない様に、馬車を持って古塔へ来いと申し付けて下さいまし。」

 皮林は心得て、
 「ハイ、それは私が旨く言い付けて置きましょう。貴女は今申す「アノ松林の蔭に行き、私の馬車の傍で暫くの間お待ちなさい。」
 斯(こ)う云って皮林は、忙しく供待ちの天幕(テント)の方に馳せ去ったので、園枝は夢路を辿る想いで、一町ほど歩み、松林の下に行くと、成ほど皮林の云った通り、非常に軽そうに見える一輌の馬車が置いて有った。

 それはさて置き、先程から草叢の影で、この様子を見て居た満二十六歳の小浪嬢は、二人の言葉を聞き取る事は出来なかったが、何しろ奇怪千万なので、この結末を見届けずには置くものかと、彼の代金未払いの衣服が、荊(いばら)に絡まるまるのも厭わず、成る丈園絵に悟られない様、草木の間を分け潜(くぐ)って従い行くと、園枝が馬車の傍で非常に気に掛る事が有る様に、両の手を握り〆めて待って居るのを見た。

 「オヤ、人目に立たない小馬車を待たせて、宛(まる)で駆け落ちの仕度とでも云い相だ。けれどナニ、幾等新夫人が素性の無い女でも、真逆(まさか)今の地位を捨て、何所(どこ)の馬の骨とも知れない皮林と、駆け落ちする筈は無い。気が違えば知らないが、左も無ければ決してーーー。」
などと漸(ようや)く呟(つぶや)き終わる所へ、皮林は帰って来た。

 まだ心が落ち着かない様子で、園枝と一言二言細語(ささや}いた儘(まま)、そこそこに園枝を馬車に乗せ、自分自ら御者となり、山路を指して馳せ出した。小浪嬢はこれを見て、
 「オヤ、愈々駆け落ちだ。本当に呆れたよ。」
と開いた口が塞がらないまでに仰天した。


次(四十一)へ



a:226 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花