巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune45

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.12. 8

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

            四十五

 天に翔(かけ)る翅(つばさ)が無ければ、実にこの塔から生きて逃れ帰ることは出来ない。皮林育堂は園枝がそうと見て、絶望する様を打ち眺め、
 「ネエ、昔の武人は、この塔を枕にして討ち死にまでする覚悟ですから、一生懸命の智慧を絞ってこの塔を建てたのです。吊橋一つ外せば、外から敵が押し寄せて入る事が出来なければ、内から味方が逃げて出る事も出来ません。

 最もその時、この塔を建てた人は、数千年後の今と為り、この塔が一方ならず私の便利を助けようとは、思いも寄らなかった事でしょうが。夫人、最(も)うこの塔に上った上は、何と心配しても無益です。到底帰る事は出来ませんから、そう驚かずに静かにして夜の明けるまでお待ち成さい。

 アノ吊橋はこの塔の番人の外、上げ下げする事を知りません。その番人は、先刻私が馬車を繋いで再び渡って来た時に、吊橋を落として帰りました。明朝までは出て来ません。生憎その住まいも三里(12km)の余も離れて居て、泣いても叫んでも聞こえません。」
と非常に憎々しげに宣告して、再び腰を卸(おろ)した。

 園枝は悔しそうに声を震わせ、
 「貴方は私を明朝までこの塔へ捕えて置くと仰るのですか。良人男爵は私の帰りが遅いのを怪しんで、外の人々と共にきっと心配して居ましょう。今夜一宵帰らなければ、ホンに何事が起こったかと益々心を痛めます。」

 皮「ハイ、それは無論の事です。もう様々に疑って居る事でせう。」
と云い、顔の筋一も動かさず、泰然として落ち着く様子、心に一点の情ある動物とは思われない。
 園枝はこの有様を見て、急に恐ろしさが益々益して来て、宛(あたか)も血の道《ヒステリー》に荒れ狂う女の様に、自ら我が身を制する事が出来ずに、右に左に馳せ迷い、果ては被っていた帽子も落し、長い髪の毛を乱髪にして、覆面の様に顔に掛るまで悶掻(もが)いたが、真に逃れる道は無く、如何にも仕様が無いので、漸く心を押し鎮めて考えて見るに、

 「この人は恐らくは狂人に違いない。狂人の中には、唯意地悪をする事をだけ楽しんで、様々に人を苦しめる工夫をのみ考える者が有ると聞く。この人は必ず何かの事で発狂し、急にその類の狂人と為り、理由も無く私をこの様に苦しめる者に違いない。

 アア、この様な危険な狂人と、この様な場所に一夜を明かすのは、是れ実に剣の刃を渡るより、もっと恐ろしい事だが、恐れる丈、益々彼の狂欲を楽しませ、益々彼の発狂を強くして、更にこの上に、私を虐げ苦しめる手段を、考えさせる者と成ってしまうだろう。私は唯だ落ち着いて恐れず騒がず、平生の様に仕向ける外は無い。」

と園枝は心の中で神を拝し、我と我が心を、押し鎮める勇気を与え給えと、念ずると漸(ようや)く高かった動悸も鎮まり、やや心の易きを得る事が出来たので、先ず乱れた髪を撫で上げ、落ちた帽子を拾い上げて被り直した。その様子は、まるで自分の部屋に在る時に異ならなかった。

 皮林はこの様子を見て、密(ひそか)に夫人の勇気に感じ、アアこの夫人こそ、真にその顔の美しさほど心も優れ、更に気も確かな事は世に多くは類は無いに違いない。心の腐った彼の永谷礼吉の様な者を助け、この夫人を苦しめる役廻りと為ったのは、今更残念で仕方が無いが、是も我が身の利益の為なので仕方が無い。

 若し初めから何とかして、この夫人に加担する様な位置に立っていたなら、彼れ永谷に加担するより、遥かに大きな仕事も出来たに違いなかったろうになどと、この場合に及んで未だ緩やかに考え廻すのは、流石悪人の本性だろうか。

 この様な折しも、園枝は漸(ようや)くにして、その形を正し終わり、まるで狂人を諭(さと)す様な穏やかな言葉で、
 「私は今まで他人を、露程も害した事は有りませんのに、貴方は何の為め私をこの様な目に逢わせます。貴方の今夜の振る舞いは、実に譬(たと)え様の無い残酷な所業ですが。」

 皮林も落ち着いて、
 「ハイ、貴方は他人を害した事が無いと仰るけれど、男爵の甥、永谷礼吉を害し、今も未だ害して居る事に気が付きませんか。彼は勘当せられたのは、貴女が男爵に逢う前なので、勿論貴女の所為では有りませんけれど、貴女さえ無ければ、その後随分勘当が許される見込みも有ります。貴女が有っては、到底男爵の財産が永谷に伝わる見込みは有りません。」

と非常に爽やかに延べ来る様は、狂人らしくもないので、園枝は少し怪しんで、不思議に思うに、皮林は語を継ぎ、
 「夫(それ)ですから永谷礼吉が、世に出る工夫は、唯だ貴女を傷つけて貴女の名誉を落とし、再び世にも良人にも顔向けの出来ない様にする外は有りません。」

 アア、何という邪険なことだろう。罪ない夫人をこれ程までに辱しめ、再び浮ぶ瀬の無い者と為し終わって、満足しようとする。
 園枝はこの恐ろしい言葉に、又も身を震わせながら、
 「エ、私を世にも良人にも顔向けの出来ない様に。」
 皮「ハイ、今までは貴女は常磐男爵の新夫人で、実に女王の次にも就く程に、世間から崇められて居りましたが、明朝はもう英国中で殆ど貴女ほど不名誉の貴夫人は有りません。貴夫人では無く、堕落の底に沈倫した、汚らわしい女だと誰も彼も思います。ハイ、逢う人皆、貴女を見て爪弾きを致します。」

 園「とは何う云う訳で。」
 皮「オヤ、貴女も悟りが悪い。今夜この所で私と差し向いで一夜を明かせば、誰が貴女を清い女だと思いましょう。良人(おっと)の目を忍び、私と不義の快楽に耽(ひた)るために、そうです、家をも身分をも思わず、大恩ある良人を捨てて駆け落ちをした者だと、今頃は良人男爵まで思って居ます。ハイ、貴女は既に不義者と認められて居るのです。」

 園「エ、エ、エ」


次(四十六)へ



a:202 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花