巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune68

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.12.31

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

                 六十八

 園枝と云う名を聞くと、彼横山長作は非常に打ち驚き、そして忽(たちま)ち何事をか思い出して、自ら怪しむ様に、婦人の顔をつくづくと眺め始めたが、眺めるに従って、彼は愈々(いよいよ)深く心を動かし、其の顔は自ずから暗く暗く曇って来て、果ては殆ど婦人に食い附くかと疑われるほど、恐ろしく顰(しか)めた。アア彼は何が為園枝の名に驚き、また何が為に園枝の顔を怪しむのだろう。

 頓(やが)て彼は傍らに振り向いて、最前開いて居た、彼の厚い日記帳を遽(あわただ)しく繰り返して、非常に細かに何事をか記(しる)してある所を開き、口の中で読み始めた。
 婦人は彼の振る舞いを少しも理解できず、又彼の読む日記帳に何事が記して有るのかを、窺(うかが)い知ることは出来なかった。
 彼は己の身を日記帳と婦人の間に置き、宛も婦人の見るのを防ぐ様にして読んでいたからだ。

 若し此の婦人が、此の日記帳の文字を窺(うかが)い読んだなら、必ずや此の所に入って来た事を後悔し、逃げ去ろうと思うほどだっただろう。其の文句の一端を茲(ここ)に記せば、初めに、
 「船長立田殺害に付き疑う可き人物」
と題し様々の事を書き、次に、
 「古松の娘園枝とその人相」
と記して、

 「余は様々に園枝の写真を尋ねたけれど手に入らず。恐らくは此の時迄、写真などは写した事は無かったのだろう。止むを得ず、同人を見た人々に、其の人相を問合わすと、悪人の娘には珍しい程の美人で、実に絶世の美貌を備えて居たとは、何人も異口同音に云う所である。多分は南方暖国の産と見え、伊国(イタリア)の婦人によく有る様な目鼻立ちで、充分な愛嬌の中に、又充分の品位がある。しかしながら、笑ましく楽しそうな美しさではない。寧ろ悲しそうに沈んだ美しさである。

 其の身の振る舞いは、優(しと)やかにして淑女の様で、又気位高くして、堅意地なところがあるとの説である。考えてみるに、此の園枝の美貌で船長立田を迷わせ、古松と園枝の住む家に誘って行き、酒に酔わせて殺した者に違いない。古松の行方を探るよりも、此の園枝を探ることの方が容易だろう。園枝は古松とは違い、何処に行っても、人の目に付く程の美人だからである。更に又、園枝は歌謡(うたうた)うのに巧みであるとの事である。多分は音楽社会に身を寄せる者と見て、諸種の興行場を探るのが近道に違いない。」
などと記してあった。

 横山は読み終わって、茲(ここ)に記した古松の娘園枝と、我が目の前に現れた、牧島園枝と称する此の婦人と、人相が合致するのを見て、非常に光れる其の眼を、益々光らせ、独り満足そうに打ち笑ったが、ややあって其の笑みを押し隠し、静かに婦人の方に向かい、
 「貴女は只今、追々職業に有り就けば、私への報酬も出来る様に仰(おっしゃ)ったが、職業に有り付く見込みが有りますか。」

 婦「見込みと云う程でも有りませんが、何うしても職業を求めなければ成らない身の上です。」
 横「シテ何の職業です。」
 婦「ハイ、音楽です。」
 横「音楽の職業とは随分難しい仕事で、生半かな稽古では、容易に雇う人も有りませんが、貴女は幼い頃から。」
 婦「ハイ、幼い頃から歌を謡(うた)いまして、其の後一通りの修業は致しました。」

 さてはこれこそと横山は又も眼を光らせ、更に益々深く問いただそうとする折りしも、先程此の婦人を案内した取次ぎの男、一通の手紙を持ち、急(いそ)がしく入って来て、
 「今之を配達して来ましたが、至急用と記して有りますから、直ぐに茲(ここ)へ持って来ました。」
と云い、横山に手渡して退いた。

 横山は上封の文字で、既に其の捨て置き難いのを見て取ったのか、心配そうに封を切って読み下し、
 「何事が起こったのか、兎に角此の命令には背かれない。」
と打ち呟(つぶや)き、又暫(しば)し考えた末、婦人を此の室に待たせて置き、其の身は次の間に出て、今来た取次ぎの男を呼び、重々しそうに声を潜め、

 「己(おれ)は今夜、馬車で直ぐ田舎へ出張しなければならないことになった。遅くとも三、四日経てば帰るだろうから、その留守中、厳しく次の間の婦人を見張って貰わなければならない。」
 取次「アノ婦人の後を尾行するのですか。」
 横「爾(そう)だ。アレは非常に旧悪のある恐るべき婦人だから、何時捕縛しなければならない事になるも知れない。

 己(おれ)が長年探して居るのはアノ婦人だ。今己(おれ)を尋ねて来たのは天の賜(たまもの)、直ぐにも何としたいけれど、今は馬車の時刻が迫り、その様な手続きをしている暇が無い。貴様にアノ婦人を託して置くから、決して見失なわない様に、世界の果てまででも尾(つ)けて行け。今若し見失っては、何時また尋ね出す当ても無い。」

 この様に言い付けて、横山は再び婦人の前に帰り、
 「イヤ夫人、貴女のお頼みは充分に私が引き受け、及ぶ丈の力を尽くしますが、生憎(あいにく)今は、或る所から至急の命令を受けて、直ぐに田舎へ出張する事と成りましたから、残念ながら貴女の事件を、詳しく聞いて居られません。多分は三、四日の中には帰るだろうと思いますから、その節に再びお出で願います。」

 婦人は、我が身が何の様に目を付けられているのかを、知る由も無く、此の言葉を全くの誠と思い、
 「ハイ、三、四日、夫(それ)では今日から五日目に、又上がりましょう。実に私の身に取っては、命よりもっと大事な事柄ですから、何分宜しくお願い申します。」
と云い、立ち上がって去ろうする。

 横「アア一寸お住居を伺って置きましょう。」
 婦「先刻倫敦(ロンドン)に着いたばかりで、未だ住居は定まりません。次に来た時申し上げます。」
 これで婦人は立ち去ったが、其の身の背後に、見え隠れに尾(つ)けて来る人が有るとは、夢にも思って居なかったのに違いない。

 この様にして婦人が立ち去った後に、横山は早々に仕度を調(ととの)え、
 「アア常磐荘園とは意外な所へ招かれる事だ。斯(こ)う云う中にも、馬車に乗り後(おく)れなければ好いが。」
と云い、急(いそ)がわしそうに出張して行った。


次(六十九)へ



a:200 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花