巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

burosyouroku559

今までのブログ抄録 559

since 2021.8.22

今までのブログ抄録

写真上にカーソルを置き、左クリックすると更に拡大します。

拡大した写真の上でマウスを左クリックすると次の写真に進みます。

拡大した写真の右下のCLOSEをクリックすると元に戻ります。

母キジ、始まった稲刈り、久し振りのツキヌキニンドウ、葦原のヨシゴイ(まとめ)、白いジンジャーリリー・コロナリウム、見納めヒクイナ、柵に絡まるマンデビラ

8月28日(土)晴れ 朝の気温 30°C

今日の出会い 母キジ

kiji8.26


 暑いお昼近くに堤防に行って見た。
 急に堤防下の道にキジの母子が飛び出た。
 草むらにキジを驚かせた何かが居たようだ。
 キジの子は直ぐに草むらに入ってしまった。
 母キジが何かを啄みながら河川敷の方に向かった。

キジ

  •  ・キジ目キジ科キジ属キジ
  •  ・日本の国鳥
  •  ・日本では北海道、対馬を除く本州、四国、九州に留鳥として分布
  •  ・主に草の種子、芽、葉など植物性のものを食べるが、昆虫やクモなども食べる
  •  ・夜間は樹上で眠る

ブログ「atakaの趣味悠久」の「母キジ)」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/14792d381656e8e629e1a9145352a39d


8月27日(金)晴れ 朝の気温 30°C

今日の出会い 始まった稲刈り

inekariP8.25


inekariP8.26


 4月下旬に植えられた稲が4カ月経って実った。
 天気が回復したら、稲刈りが始まった。
 コンバインによる稲刈りだ。
 コンバインの大きさも稲作の規模によって異なる。
 どの農家も一日、二日で稲刈りは終わる。
 この一週間で稲刈りは殆ど完了すると思われる。

 私の子供の頃は、東北地方だったが、稲刈りは10月の初めから始まり、
 終わるまでに殆ど一カ月くらい掛かっていたような気がする。
 日も短くなっていて、暗くなっても大人は誰も帰って来ず、
 心細くて、恐ろしかった覚えがある。
 夕飯は何時も9時頃だった。

ブログ「atakaの趣味悠久」の「始まった稲刈り)」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/a3962ad36b66bbf7637a4c8742952b57


8月26日(木)晴れ 朝の気温 30°C

今日の出会い 久し振りのツキヌキニンドウ

tukinukinindouP8.24


 塀の上からツキヌキニンドウが顔を出して居た。
 花の形はスイカズラと同じ形の花だ。
 ゲゲゲの鬼太郎の一反木綿を連想させる形だ。
 確かに葉の真ん中を突き破って茎が伸びる様に見える。

ツキヌキニンドウ

  •   ・スイカズラ科スイカズラ属
  •   ・北アメリカ原産
  •   ・常緑つる性木本

ブログ「atakaの趣味悠久」の「久し振りのツキヌキニンドウ)」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/c14f30e5163f2dd4bffb66f75c2658c2


8月25日(水)曇り後晴れ 朝の気温 30°C

今日の出会い 葦原のヨシゴイ(まとめ)

yosigoi7.16


 深い葦原から飛び出すヨシゴイ。
 葦原から飛び出して隣の葦原へ移る数秒間しか見え無い。
 辛うじて、葦原の縁の葦に留まった時、静止した姿が見える。
 こんな状態で7月前半からヨシゴイの飛翔の様子を取り出した。
 葦原の何所から飛び出すか予測がつかず、ただ見過ごすばかり。
 半月くらい経った辺りから何とかファインダーに入るようになった。
 ほとんどがピンボケばかりだった。
 何とかコツが掴めて来た矢先の、葦原の除草。
 ヨシゴイが居なくなってしまった。
 また来年に来て呉れる事を期待するばかり。
 纏めの画像を載せて見た。

ヨシゴイ

  •   ・ペリカン目サギ科ヨシゴイ属
  •   ・全長31cm~38cm
  •   ・翼開長53cm
  •   ・上面は褐色、下面は淡黄色の羽毛で覆われる
  •   ・インドから東南アジアにかけて分布
  •   ・日本へは夏季に繁殖のため訪れる(夏鳥)
        (Wikipedia)より

ブログ「atakaの趣味悠久」の「葦原のヨシゴイ(まとめ)」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/0e3ea2ecd9a681f754a8b5baf1f80208


8月24日(火)曇り 朝の気温 29°C

今日の出会い 白いジンジャーリリー・コロナリウム

jinjerlilyP8.22


白いジンジャーリリー・コロナリウムが咲き出した。
 コロナリウムは辺りに、良い匂いを漂わせる。
 矢じり状の蕾の下から白い花が咲いて行く。
 一日花なので咲き初めでないと、萎れた花柄が残る。

ジンジャーリリー・コロナリウム

  •  ・ショウガ科ヘディキウム属コロナリウム種
  •  ・インドを中心に熱帯、温帯アジアに分布
  •  ・日本へは安政年間に渡来し、香りの好さが
      好まれて、明治以降は「ジンジャーリリー」
      の名で栽培が増えた
       (サカタのタネ)園芸通信より

ブログ「atakaの趣味悠久」の「白いジンジャーリリー・コロナリウム」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/8acea2575f16b98b8402cc6fbec4cede


8月23日(月)雨後曇り 朝の気温 30°C

今日の出会い 見納めヒクイナ

hikuina7.18


 休耕田の葦原から出て行ったヒクイナ。
 この次の日、狸が葦原に入り黒いものを咥えて去った。
 この後ヒクイナが居なくなった。
 狸が咥えて行ったものはヒクイナだったと思われる。

ヒクイナ

  •   ・ツル目クイナ科ヒメクイナ属ヒクイナ種
  •   ・中国南部、台湾、日本などで繁殖
  •   ・冬季になるとインドシナ半島、中国南部に移動
  •   ・日本では本州中部以南に移動し越冬
  •   ・全長19cmから23cm

ブログ「atakaの趣味悠久」の「見納めヒクイナ」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/100c7a54d214ded68fae97e5f386c384


8月22日(日)曇り 朝の気温 30°C

今日の出会い 柵に絡まるマンデビラ

deburadeniaP8.12


 柵に絡まるマンデビラ。
 最近目にするようになった花だ。
 花の色も、赤、白、ピンク、クリームと多彩だ。
 春から秋まで長い期間花を咲かせる。

マンデビラ

  •   ・キョウチクトウ科マンデビラ属
  •   ・原産地 中央アメリカからアルゼンチン
  •   ・以前はデブラデニア属に分類されて居た為、デブラデニアと呼ばれていた
  •   ・蔓性植物
  •   ・花期 春から秋
         (みんなの趣味の園芸)より

ブログ「atakaの趣味悠久」の「柵に絡まるマンデビラ」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/34e45d1e0a573ee7973308d374261b84




今までの途中の出会いのブログの抄録はここをクリックすると見られます
a:113 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花