巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hitonotuma59

人の妻(扶桑堂 発行より)(転載禁止)

バアサ・エム・クレイ女史 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

バアサ・エム・クレイ女史の「女のあやまち」の訳です。

since 2021.5.10


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

  人の妻   バアサ・エム・クレイ女史 作  黒岩涙香 訳
         
    (本篇)五十九 「絶壁から落ちる人」

 次男は帰るが丈夫は帰らない。是が丈夫から来た手紙の文句である。槙子に取って是ほど情けない事は無い。
 最早や丈夫の意は明白である。此の身を妻として此の身と共に棲む事が出来ないのだ。愈々(いよいよ)以て此の身に自分を処分せよと促すのだ。

 こう思うと同時に槙子の胸には、殆ど目も眩(くら)むほどの悔しさが込上げた。アア此の身には何の罪ある。罪も何も知らさずに、此の様に振り捨てられるとは、甘んじて従う事の出来ない仕向け方である。
 悔しさに続いては又悲しさが沸き起こった。此の世に唯一人の人と頼む丈夫に分かれて、此の後を何う送られよう。

 今まで凡そ八ケ月ほど別れて居るその間さえ、我が身の半分、否全部をまで失った心地がして、夜も日も淋しさに心細さに耐えられないのに、何時まで待っても、愈々(いよいよ)此の身の傍へは、帰って来ない人と定まっては、此の身にばかり月日の照らない様な者である。況(ま)してや今は、子まで成した仲であるのに、是れを何して安閑と耐(こら)えて居られよう。

 思えば思うほど丈夫の仕向け方の、情無(つれな)さと、自分の悲しさ心細さが、犇々(ひしひ)しと身に徹(こた)える。是までと云えども萬一(もし)やこの様な事では無いかと、略(ほぼ)自分の決心を定め、既に道子に向かっても母御に向かっても、印度まで丈夫に逢いに行くと云った程なので、今は愈々逢いに行く時が来た。

 子を抱いて舟に乗り、丁度豪州から此の国へ来た様にして、印度へ行けば、遠くても行かれない事は無い。印度へ行って逢った上で、此の身の悪い所は幾重にも詫び、手を引き合って睦まじく帰って来よう。是が家の為、身の為め、子の為であるのだろう。意地は張らずに、充分此の身を折って掛からなければ成らないと、殊勝にも思い定めた。

 それにしては第一に、母御に計からなければ成らないのだが、母御は十日ほど以前から、ブルードの隠居所へ行き、もう日も無く帰って来る頃とは思うけれど、帰るのを待っては居られない。心が迫(せ)いて一日の猶予も仕難い場合である。直ぐにブルードへ尋ねて行こうと、身支度も匇々(そこそこ)に家を出た。

 実は母御も、日に日に槙子の鬱(ふさ)ぎ込む様を見、幾度も寧(いっ)そ此の様な事なら、誠を明かそうかと思ったけれど、明かせば今より又一層、イヤ全く槙子の身を破滅させる事になるのだからと、途方に暮れて道子を呼びなどもして見たけれど、別にその甲斐が見えないから、或いは此の身が傍に居なければ、又何とか気の軽くなる事も有ろうかと、暫しブルードへ引っ込んだのである。

 そうして今日も丁度、槙子の許へ来たのと同じ意味の手紙を、丈夫から受け取った為、さては槙子がきっと又、驚き悲しむ事だろうと、一人心を痛めて居た。その処へ槙子が来た。

 槙子は殆ど見脈(けんまく)が変わって居る。来る道々も独り考えるに従って、悲しさも悲しさだが、兎に角、悔しさと腹立たしさとが先に立つ。何で此の身は此の様に仕向けられる。如何に落ち度が有るからと言って、余りな仕方だと幾度も同じ恨みを、胸の中で繰り返して呟いた。だから母御の前に出ても、その様子が現れるのだ。

 「阿母(おっか)さん、今朝印度から手紙を受け取りましたが、近々次男さんが御帰国の由です。けれど丈夫さんは御帰り成さらないと有りますが。」
 母御は聞かないうちから、大抵は槙子の言う事を察し、早や途方に暮れつつ、

 「ハイここへも先刻その事を認めた手紙が着きました。」
 槙子「是でもう疑う所は有りません。丈夫さんは全く帰国成さらないお積りです。少なくとも私の傍へは御帰り無い事に決まりました。」
 母御はそうでは無いと言い消す力が無い。何やら言葉の様な者が口の中に蟠(わだかま)ったままである。槙子は日頃の落ち着いた様子は無い。次第に調子が甲走って、

 「貴女もきっと丈夫さんが、再び私の傍へ帰らない御決心と云う事を、以前から御存知で有ったのでしょうねえ。」
 何の用意もして居ない中に襲われて、母御は全く隠し切れない。隠しても無益だと思った。
 「ハイ、知って居たと云う程でも無いが。」

 けれど言葉はまだ曖昧である。
 槙子「分かりました。ですが阿母さん、何の仔細が有って丈夫さんは、その様に私を振り捨てる決心を成さったのでしょう。多分貴女へは、委細をお打ち明け成すった上だろうと思いますが。」

 初めに知らないと明らかに言い切らなかった為に、此の問にのみ知らないと答える譯には行かない。それからそれと、引き続いて打ち明けなければ成らない事に成り相である。母御は宛も、千仭(せんじん)の絶壁から落ちる人が、落ちる途中で初めて足を踏み外したのを悔やむ状態である。踏み外した後は、悔やんだとて仕方が無く、幾等厭でも落ち着く底までは、落ちて行かなければ成らないのだ。

 「それは実に、問うも辛し、問われるも辛い事柄です。」
 問わない方が好いだろうとの意を、やっと洩らした。



次(本篇)六十

a:25 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花