巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hitonotuma53

人の妻(扶桑堂 発行より)(転載禁止)

バアサ・エム・クレイ女史 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

バアサ・エム・クレイ女史の「女のあやまち」の訳です。

since 2021.5. 3


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

  人の妻   バアサ・エム・クレイ女史 作  黒岩涙香 訳
         
    (本篇)五十三 「生涯の「帰らぬ」」

 波太郎が去った後に、丈夫は更に長く考えて居た。実に幾等考えたとて、考え尽くせない場合である。幾等日頃から果断な男であっても、好い思案の浮かぶ筈が無い。

 けれど、兎にも角にも槙子が最早や、自分の妻で無い事だけは明白である。幾等波太郎が姓名を変えたとしても、幾等死んだ者と此の世の人に思わせて置いたとしても、波太郎は依然たる波太郎で、事実生きて居る者は、死んだ者と違うのだ。

 世間を欺く事だけは出来るけれど、丈夫自身が自分の心を欺く事は出来ない。自分の心から云えば、勿論波太郎は生きて居る。生きて居れば勿論槙子は波太郎の妻で、自分の妻では勿論無い。

 自分の妻で無い者を、妻として居る事の出来ないのも勿論であれば、是限りで一緒に棲んで居る事の出来ないのも勿論である。
 一緒に棲む事が出来ないなら、分かれる一方であるが、分かれるとすれば、伴野荘から自分が立去るか、槙子を立ち去らせるかの二つに一つである。

 伴野荘は元が我物であるけれど、今は何方かと云えば槙子の物と云わなければ成らない。槙子の家から槙子を追い出す事は出来ない。自分の方が出て去らなければ成らない。たとえ妻の物は夫の物とした所で、イヤそうすれば伴野荘は槙子の夫波太郎の物と為るので、自分の物とは成らない。何方を何う考えても、自分が伴野荘に残ると云う道理は出て来ない。

 そうだとすれば槙子を後に残して、自分が伴野荘を去るしか方法が無い。是だけは先づ決まった。去るに就いてはその譯を槙子に知らせようか。
 否、否、否、断じて否である。若しも槙子に、波太郎が今生きて居る事を知らせれば、槙子は二重に結婚した其の身の恥に死んでしまう。

 此の伴野丈夫の妻で無いと云う悲しさの為にも、生きては多分居ない。私と生涯分かれると云う辛さの為にも、命は無くなる。病気になるか自殺するか、いずれにしても此の世の人では無い。それは日頃の気質で充分に分かって居る。
 シテ見れば、何事も知らさずに去らなければ成らないと云う事も、先づ決まった。是れ丈がきまれば、後の事は何うでも好いのだ。

 好し、好し、槙子には私が何か止むを得ない用事の為に、立ち去った様に思わせ、波太郎が生きて居ると云う事は、少しも知らさず、従って最早や私の妻で無いと云う事も、気附かせない様にして、何時までも伴野丈夫の妻であって、伴野荘に何の気兼ねも無く、居る事が出来る様に思わせて、そうしてそのまま生涯の分かれとする外は無い。

 実に親切に思い定めた。丈夫の日頃の気質から云えば、この様な親切な思案に決着する外は無い。イヤ丈夫に限らない。荀(いや)しくも人たる情の有る人間ならば、ここへ思案が落ちて来る外は無いのだ。

 この様に漸(ようや)くに定まったのは、凡そ二時間も考えての後である。定まりは定まったが、さて槙子に分かれる事が、何れほど辛いかと云う事は、未だ思い知らない。

 昨日までもイヤ今朝までも、此の妻の外に世界は無く、此の夫の外に生涯は無いと迄に、思い思われもして、愛と情けとの底に溺れて居た者が、忽ち分かれてしまうとは、如何に分かれなければならない義理合いとは云え、耐(こら)えることの出来る、事柄だろうか。

 出来ても出来なくても、そうする外は無いのだから、丈夫は一旦決した上は二度と迷わず、彼(あ)の茶店を立って、停車場に付属して居る電信取り扱い所に行き、槙子に宛てて電報を発した。その文言は、

と許りである。此の「帰らない」とは、今夜帰らないと云う心か、当分帰らないと云う心か、槙子には分からないだろうが、丈夫の意では、何とも時間を切って無いから、「帰らない」だけで限りは無い。生涯の「帰らない」なのだ。

 間も無く来る汽車に乗って、丈夫はここを立った。行く先は勿論春山伯の所では無い。母がブルードにある大津博士の家に、逗留の為め行って居るのだから、その所を指して行った。大津博士の家に着くや否や、母に差し向かって面会したいと言い込んだ。妙に改まった取次だから、母も怪しんで出て来たが、丈夫は応接の室(ま)に腰を掛けたままである。

 入り来る母を立って迎えもしない。挨拶もしない。そうしてその顔は殆ど目が血走って居るのだ。母御は全く尋常では無いと見て取った。

 「何だねえ貴方は。何か非常な不幸でも出来たのでは―ーー有るまいね。」
 丈夫は余韻も何も無い機械的な声で、
 「ハイ非常な不幸が出来たのです。」

 母御「エ、エ、そなたの身に、槙子の身に。」
 丈夫「両方の身に、伴野一家総体に。」
 母御は早や声を震わせて、
 「何とお云いだ。我が家の一家総体に、早く先ア聞かせてお呉れ。」

  丈夫は敵軍に突貫する時の兵士の様である。脇目も振らず躊躇もせず、
 「波太郎が猶(未)だ生きて居ます。彼が槙子の夫です。そうして此の国へ帰って来ました。少しも間違いは有りません。今私が逢って、話までもして来ました。」

 母御は容易に理解する事が出来なかった。けれど徐々(そろそろ)と理解する事が出来た。
 母御「何とお云いだ。我が家の一家総体に、早く先ア聞かせてお呉れ。」ろそろ)と合点が行った。合点の行くと共に、
 「アノ波太郎が先ア何うしたら好いだろう。」
 幾等気丈でも婦人である。身を取り乱して驚いた。



次(本篇)五十四

a:22 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花